10年を超える家を売る方法!

現役宅建士が教える!10年を超える家を売る方法

築10年の家

 

 

10年を超える家は、築年数が浅い家よりも
値段が安いですし、売れないリスクも高くなります。

 

ある程度で妥協する事も重要ですが
10年越えの家を売る方法はあるのか?
ご紹介しましょう。

 

築10年を超えると家を売るのが難しくなる

 

家を建てて10年経過しても、まだまだ住めると思いがちですが、不動産の世界では木造の家の場合、築10年で資産価値がゼロになります。

 

鉄筋コンクリートや軽量鉄骨などの場合、10年を超えても資産価値がある場合も見られますが、10年をめどに価値が下がると考えて良いでしょう。

 

つまり、築10年を超えると、家の価値は無くなり、土地の価格だけになる場合があるのです。せっかく数千万円かけて作った家が評価ゼロになってしまい家を売るのも難しくなることがあるのでしょう。

 

家を売るなら10年前後という人もいる

 

できるだけ安く自分の家を欲しいと思っている人の中には、10年前後の家を探しているケースも見られます。家の価値は、築10年で一気に下がりますが、家自体は急激に悪くなるわけではありません。

 

まだまだ住める家で、多少のリフォームをすればよい物件はお買い得物件である場合も多いのです。台所やお風呂などの付帯設備も10年を超えるとだんだん劣化していきますので、売る方からしても売り時なのが10年になります。

 

家を売る予定なら10年未満がおすすめ

 

ネット検索で家を探しているような若い世代の場合、検索で10年未満の家を探しているケースが多いです。買主からしてみるとできるだけ築年数が新しい家が欲しいのです。

 

まだ、築10年経過していないような家ならば、急いで売った方が良いでしょう。積極的に買主や不動産業者と交渉し、10年経たないうちに売って少しでも高く売るよう心掛けて下さい。

 

まとめ

 

 

10年は、家にとって非常に重要なポイントの年となります。
売れるか売れないのかの分かれ道になりますので、売る意志があるのならばすぐにでも売買交渉を始めて下さい。最初のお客さんに売る位の気持ちで対処すると成約する事もできるでしょう。



おすすめの不動産査定サイト!



不動産査定サイト


 

不動産査定サイトで見積りをする方法不動産の査定サイトはたくさんあります。

その中でもこちらのサイトは使いやすいです。家を売るのに始めてご覧になる方でも判りやすいのでチェックしてみてはいかかでしょうか?




HOME4U

HOME4U


  • 大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる

  • 東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年の実績

⇒HOME4Uの詳細はこちら




イエウール

イエウール


◎不動産売却/マッチングサービス

  • 売却が得意な不動産会社に出える
  • 高い査定価格
  • スムーズな売却

⇒イエウールの詳細はこちら




スマイスター

スマイスター



  • 約1,200社の不動産の査定額を見積もり比較できる!(2017年8月)

  • 不動産会社から最大6社まで不動産売却の無料一括見積もりができる比較サイト

⇒スマイスターの詳細はこちら





エージェント

エージェント



  • 入力時間はわずか1分で、最大6社に一括査定の依頼ができる。

  • 簡単な簡易査定や本格的な訪問査定の依頼もすぐできるので気軽にできる。

⇒エージェントの詳細はこちら





イエイ

イエイ



  • イエイ不動産売却査定は信頼されて10年!

  • 不動産の一括査定サイトでも、日本最大級のプラン数!

⇒イエイ不動産売却査定の詳細はこちら






特に、始めて家を売る為に不動産査定サイトを利用される方は、どこがいいのか迷うのが普通です。上記の査定サイトは、利用者も多く評判も良いのでおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 家を売る時の注意点 家の査定額とは? 中古住宅の買い取り