築30年の家は売ることができるのか?

築30年の家は売ることができるのか?

築30年の家

 

売る家が築30年以上だと、誰でも売れるのか
心配になるでしょう。

 

売主の中には解体費用を払いたくないという
人もいます。

 

築30年の家はどのようにすればいいのか?
築30年でも売れる家はあるのか?ご紹介します。

 

築30年の家は売ることができるのか?

 

築30年の家と聞くと、誰でも古くてボロボロの家を想像してしまいます。家が欲しいのに、いくら安くてもそんな家には住みたくないという人が多いでしょう。ほとんどの場合、築30年を経過しているならば鉄筋コンクリートの家でも壊した方が良いケースがあります。

 

家の状態にもよりますが、家を売ることは難しいと考えて下さい。

 

築30年の家を売らずに解体する

 

相続などで家を譲り受けた場合、すでに新築されてから経年が経っている為、築30年という事もあるでしょう。そのような物件の場合、不動産業者ならば家を解体して土地のみ売ることを勧めることがあります。家を解体するのにも数十万円から百万円以上の費用がかかります。

 

解体費用を払っても築30年以上の家なら無い方が売れる可能性もアップするのです。解体費用がかかる家が土地の上にあると、その分売り出し価格が安くなるのが常識なので気を付けましょう。

 

築30年以上でも売れる家の特徴

 

築30年以上でも売ることができる家は、ズバリ古民家です。田舎暮らしや古民家に憧れている人はかなりいて、鎌倉辺りでは新築の家の賃貸より古民家の賃貸の方が高かったりします。農家や商家、蔵造りなどの築30年以上の家は、古くてもすごく味があって丈夫なのでそのままで売ることが可能です。

 

中には、築50年の家を買い取って古民家喫茶などを行う人がいます。ただし、めったに売れる築30年以上の古民家を持っている人はいないのが現状でしょう。

 

まとめ

 

築30年以上の家は、古民家などでない限り、売るのは難しいです。解体なども前向きに考え、買主が買いやすい状態にしてあげることが売れるポイントになるでしょう。


おすすめの不動産査定サイト!



不動産査定サイト


 

不動産査定サイトで見積りをする方法不動産の査定サイトはたくさんあります。

その中でもこちらのサイトは使いやすいです。家を売るのに始めてご覧になる方でも判りやすいのでチェックしてみてはいかかでしょうか?




HOME4U

HOME4U


  • 大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる

  • 東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年の実績

⇒HOME4Uの詳細はこちら




イエウール

イエウール


◎不動産売却/マッチングサービス

  • 売却が得意な不動産会社に出える
  • 高い査定価格
  • スムーズな売却

⇒イエウールの詳細はこちら




スマイスター

スマイスター



  • 約1,200社の不動産の査定額を見積もり比較できる!(2017年8月)

  • 不動産会社から最大6社まで不動産売却の無料一括見積もりができる比較サイト

⇒スマイスターの詳細はこちら





エージェント

エージェント



  • 入力時間はわずか1分で、最大6社に一括査定の依頼ができる。

  • 簡単な簡易査定や本格的な訪問査定の依頼もすぐできるので気軽にできる。

⇒エージェントの詳細はこちら





イエイ

イエイ



  • イエイ不動産売却査定は信頼されて10年!

  • 不動産の一括査定サイトでも、日本最大級のプラン数!

⇒イエイ不動産売却査定の詳細はこちら






特に、始めて家を売る為に不動産査定サイトを利用される方は、どこがいいのか迷うのが普通です。上記の査定サイトは、利用者も多く評判も良いのでおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 家を売る時の注意点 家の査定額とは? 中古住宅の買い取り