家を売る時かかる手数料

現役宅建士が教える!家を売る時かかる手数料とは?

家を売る時かかる手数料とは?

 

家などの不動産を売る場合に様々な手数料がかかることをご存知でしょうか?

 

家を売る時の手数料について、具体的にご紹介します。

 

家を売る際に不動産業者に払う手数料

 

家を売る時、不動産業者に仲介を頼み、お客さんを探してもらうケースがほとんどですが、仲介料がかかります。これは、不動産業者に払う手数料の事で、取引価格に3%をかけ、6万円を足した金額に消費税を付け加えます。

 

 

例えば3千万円の家を売る場合、仲介手数料が90万円+6万円、これに消費税がかかりますので、総額1,036,800円になるのです。この金額は、あくまで上限なので、交渉すると仲介手数料を下げることも可能でしょう。

 

登記費用を売主が払うケース

 

一般的に、家を売る場合、買主が登記費用などを払いますが、登記名義人と権利者が違ったり相続登記が終わっていないような場合は売主が登記費用を負担します。

 

まずは、登記をしっかり行っている家でないと売れないので、売主の責任になるのです。他にも、増築したのに登記していなかったり、抵当権の抹消登記がされていない時も売主が登記費用を払います。

 

その他の家を売る時の手数料

 

他にも家を売る場合、様々な手数料がかかります。例えば、不動産業者や買主と交わす契約書などに収入印紙を貼りますが、この費用も売主負担です。

 

住宅ローンを繰り上げ返済すると手数料がかかりますし、家を売る際に測量し直すと測量費もかかります。

 

家を売る時は、思ってもいなかったような手数料がかかることがありますのできちんと調べておきましょう。

 

まとめ

 

家を売る時には、かなりの手数料がかかると思ってよいです。家の査定金額がそのまま入ると思っている人がいらっしゃいますが、手数料や税金を払うとかなり少なくなることがあります。

 

ローンの返済などで困ることもあるので、売る前にどれくらいの手数料が必要なのか不動産業者に確認しておいてください。

 

家を売る時かかる手数料とは?

 


おすすめの不動産査定サイト!



不動産査定サイト


 

不動産査定サイトで見積りをする方法不動産の査定サイトはたくさんあります。

その中でもこちらのサイトは使いやすいです。家を売るのに始めてご覧になる方でも判りやすいのでチェックしてみてはいかかでしょうか?




HOME4U

HOME4U


  • 大手不動産会社を始めとする全国約500社の優良不動産会社から最大6社にまとめて不動産の査定依頼ができる

  • 東証一部上場企業のNTTデータが運営しており、不動産売却査定業界最長の14年の実績

⇒HOME4Uの詳細はこちら




イエウール

イエウール


◎不動産売却/マッチングサービス

  • 売却が得意な不動産会社に出える
  • 高い査定価格
  • スムーズな売却

⇒イエウールの詳細はこちら




スマイスター

スマイスター



  • 約1,200社の不動産の査定額を見積もり比較できる!(2017年8月)

  • 不動産会社から最大6社まで不動産売却の無料一括見積もりができる比較サイト

⇒スマイスターの詳細はこちら





エージェント

エージェント



  • 入力時間はわずか1分で、最大6社に一括査定の依頼ができる。

  • 簡単な簡易査定や本格的な訪問査定の依頼もすぐできるので気軽にできる。

⇒エージェントの詳細はこちら





イエイ

イエイ



  • イエイ不動産売却査定は信頼されて10年!

  • 不動産の一括査定サイトでも、日本最大級のプラン数!

⇒イエイ不動産売却査定の詳細はこちら






特に、始めて家を売る為に不動産査定サイトを利用される方は、どこがいいのか迷うのが普通です。上記の査定サイトは、利用者も多く評判も良いのでおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 家を売る時の注意点 家の査定額とは? 中古住宅の買い取り